-->

クマザッカ

社内ベンチャーマン兼フリーwebライターのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

【キャプテンクロウ】初見殺しのペールエールを飲んでみた

f:id:kumad:20170927214159j:plain

出典:http://craftbeer-tokyo.info/beer/captain-crow/

 

 

相変わらずIPAドハマリ中の筆者ですが、最近はコスパに優れたインドの青鬼とジンばかり飲んでいます。

 

インドの青鬼はIPAの名乗るビールの中でも苦味にフォーカスした作品だと思っているのですが、たまたま見かけた「キャプテンクロウ」なるブリュワーのペールエールがそれを上回る衝撃だったのでご紹介します。

 

キャプテンクロウ エクストラペールエール

 

 

尋常じゃない量のホップ」と公式が言う通り、かなり香りと苦味を引き出した製品なのだろうな、と思って購入。いいぞいいぞ。ブリュードッグと言ってること同じだぞ。

 

パッケージのダサさがなんとも期待感を削いでくるのですが、これが美味かった!

エクストラペールエールということで、IPAとほぼ同じものだと判断していいでしょう。

 

お恥ずかしながら僕は知らなかったのですが、キャプテンクロウを手がけOH!LA!HO BEER(オラホビール)さんは、長野県に本拠を構えるブリュワーさんで、world beer awardsで世界一にも輝いている超有名な方々だそう。

信州の地ビール OH!LA!HO BEER オラホビール

 

飲んでみて納得なのですが、他のラインナップも気になってしまいます。

 

 

さて、実飲です。

 

ちなみに、僕はパンクIPA至上主義なので、テイストノートはそれを念頭に置いた上でご覧になってください。

 

 

キャプテンクロウ トロピカルな香りの奥から攻めるエグい苦味

f:id:kumad:20170927214433j:plain

早速飲んでみます。

色味は特に個性のない黄金色。変に焦がしたりせず、たくさんホップを使っている姿勢の現れでしょうか。

香りはそれほど強くありませんが、トロピカルな花の香り。

 

ファーストノートは、それこそブリュードッグのビールのような濃密な、爽やかな甘さ。正直驚きです。だって全然知らない銘柄だし、パッケージもかなりあれだし。

 

しかし、その後の苦味がかなり強烈。

 

「うおお苦え…」と独り言を言うレベルの苦さ。

初めてエスプレッソの抽出をした時のあの後味残る苦味。

もはやセンブリ茶の苦さ。

 

少し立つとスッと消えはしますが、ちょっとキツめの苦味でした。

 

全体としては、トロピカルな濃い香り→超苦い→何もなくなるという潔い遷移を感じさせてくれます。

 

値段も高い部類ではないので、コストパフォーマンスは高いでしょう。リピート大いにありますね。苦いけど。

 

 

IPA2本目としてはおすすめ

IPAは普通、「苦い」というところばかりフォーカスされるのですが、果実味とか香りの爽快感とかが愛好家のツボな部分。

キャプテンクロウのエクストラペールエールはその両方がよくわかる良品だと思います。

IPA入門としてはおすすめしません。これが一杯目だと、「うん確かに苦い」で終わってしまいそうな感じがなんとも……

 

個人的には未だにパンクIPAが大好きなのですが、それに負けずとも劣らない個性を持ったビールでした。

 

僕のクラフトビール熱は高まる一方のようです。

 

 

広告を非表示にする