-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

社内ベンチャーマン兼フリーwebライターのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

ALTRAのトレイルランニングシューズが欲しいという話

f:id:kumad:20170123103348j:plain

 

 

出展:http://altrazerodrop.jp/about.html

 

最近またランを始めました。

 

普段の、オンロードのランニングをするときはニューバランスのゼロドロップシリーズであるminimusを履いています。

さすがにトレイルを歩くときや走るときはモントレイルのシューズを履いているのですが、これが気に入りすぎてしまい普段履きスニーカーと化しています。

 

そして今、今一度トレイルシューズと普段履きの中間シューズとしてALTRA(アルトラ)が欲しい。

 

ALTRAとは?

f:id:kumad:20170123095540g:plain

出展:http://altrazerodrop.jp/

 

ALTRAはアメリカのランニングシューズメーカー。

トレイルランニングやULカルチャーの人々から人気を呼んでいて、最近ではアウトドアファッション方面でもよく取り上げられています。

 

人が歩行する際、つま先で地面を蹴る動作が繰り返されます。

そのため通常のシューズは、つま先部分よりもかかとの部分に厚みがあるよう作られています。

ビジネスシューズ等ではかかとは余分に革が積まれていますよね。これは足首の可動域を狭くすることで歩行をサポートするという狙いが元になっています。

 

ところが、このALTRAは、つま先とかかとの高低差が全くない。

これを近年ではゼロドロップと呼び、人間の足本来の能力を引き出そうというコンセプトを採用しているのです。

 

ゼロドロップシューズは、アメリカのランニングカルチャーの中で話題となった「ベアフットランニング」(つまり、裸足でランニングをすること)というムーブメントから派生し、自然ととけ込んで自然と遊ぶことを楽しむアウトドアファンにも人気を博しているのです。

 

ALTRAは、そのゼロドロップの考えをトレイルに持ち込んだメーカーの一つ。

日本におけるULカルチャーに傾倒する人々やロングトレイルハイカーが履き始めたことで少しずつ注目を集めています。

 

なぜALTRAのトレランシューズが欲しいのか

f:id:kumad:20170123101526j:plain

出展:http://altrazerodrop.jp/m_lonepeak25.html

 

私も確かロングトレイル系の記事で初めて見て以来、トレランモデルの中でヘビー過ぎずライト過ぎずなローンピークが欲しい。

 

正直、僕、トレランはほとんどできないんです(そんな体力ないんです)が、

このテのシューズの便利さと言ったらすごい。

 

まず、あまり被らないことと、意外と合わせやすいこと。

今時のハイテクスニーカーといえばニューバランスがやっぱりカッコイイのですが、めちゃめちゃ被る。

ナイキのハラチとかもかなーり好みなのですが、あの品質で一万ナンボはやばいでしょ

セレショでネイビーとか白のやつ買わされるのもなんか流行りに負けている感がなんとも...

リーボックのポンプフューリーのめちゃめちゃカッコイイんだけど...原宿大好きっ子みたい。イメージ。

 

そしてALTRAやホカオネオネは、ぱっと見こそ派手ですが、ソールがしっかりしていてハイテク感あるせいか以外と何でもイケる。上記のスニーカーと通ずる点かもしれない。

ジャケット着てもハズしに使えますし。

 

あとは、やっぱりトレイルでも使える耐久性と、その気にさせてくれること。

この歩きたくなる感じいいですよねー。

リッジウェイソールの革靴を買うと無性に歩きたくなるのと同じ現象。

 

こういうライトな山履として使えるシューズは、アウトドアでも本当に便利なんですよね。

すぐ脱げるしすぐ履ける。汚れても水洗いできるし乾くの早いし。歩けるし走れるし。

 

 

うーん。欲しい。

暖かくなってまたトレイルに繰り出すようになったら買っちゃおうか、でもチャリンコのタイヤも替えたいしなあ。

キャンプ道具も充実させなくては。うーん。仕事しよう。

 

なんにせよ、セレショオリジナルとかが出る前に買って走りに行きたいなあ。

最近2ndとかでも見るようになってきたので、爆発的に流行らないことを切実に祈っています。笑

考えすぎか。

 

んでも、なんか今年のローンピークはデザインがなんだかかしら。

 

広告を非表示にする