-->

クマザッカ

社内ベンチャーマン兼フリーwebライターのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

ナイキACGのキャップをとっても気に入っている話

f:id:kumad:20170724112207j:plain

 

更新が滞りつつあるくまがいです。

 

今度クマザッカでも記事にしようと思っていますが、千葉県の地産地消系プロジェクトに関わることになりまして、忙しいぶっている今日この頃。

 

 

そんな中、探していた素敵なキャップを手に入れて非常にお気に入りだというお話を。

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

kumakumahate.hatenablog.com 

近頃キャップを購入することがなぜか多い(上記記事も参照のこと)のですが、今回ぽちってしまったキャップは、懐かしのナイキACGのもの。

 

最近復活したACGですが、以前とは方向性をかなり変えつつ、より都会的なデザインになっています。(個人的にはノースフェイスのパープルレーベルに近い?)

 

これぞ90sというデザインにファンの多いナイキACGについてご紹介します。

 

 

ナイキACGとは

f:id:kumad:20170724112723j:plain

ナイキACGは、90年代に発足したナイキのアウトドアシューズ部門のこと。

ACGはオール・コンディションズ・ギアの略語で、全天候型のシューズという意味合いで作られました。

 

ACGはエアマックス流行の裏側からのスタートという、極めて変わった歴史をたどっており、スニーカーフリークや古着マニアからの支持が非常に強いのですが、発売当時はそれほど売り上げがよくはなかったそう。

 

現在でも名作とされているエアモワブやエアモックを生み出したプロダクトラインとして有名です。

 

 

私はスニーカーフリークという訳ではありませんが、以下のページで触れられている通り、原色×アースカラーという、アウトドアでのファッション性を呈示したカラーリングにこの上ない魅力を感じます。

MY ACG WORLD

 

 

ナイキACGのキャップについて

f:id:kumad:20170724113502j:plain

さて、今回のキャップですが、なんとなくヤフオクで見つけたデッドストック品でした。

90sという風に記載があり、年代は特定できませんがおそらく90年代後半でしょう。

 

なんとも言えないヴィンテージ感のあるナス色。

毛羽立ちや色落ちと相まってなんとも90年代のカルチャー臭がしますよね。

 

 

 

f:id:kumad:20170724113737j:plain

バックには通常のナイキロゴが。

最近はスポーツ系ブランドが以前より着やすい環境ですから、端正なバックシェイプは好感が持てます。

 

 

 

f:id:kumad:20170724113903j:plain

100%コットンの台湾製

90sですから、NIKEがUSA製なはずがありませんよね…

 

 

 

f:id:kumad:20170724114041j:plain

作りもザックり。

現在のようにファストファッションの流行もなかったですから、作り云々を普通の顧客が気にすることでもなかったのでしょう。

 

 

 

シェイプは意外と浅めで、現代的な感じです。

このくすんだ色合いは綺麗な格好に合わせても上品ですし(意外にそうなのよ)、もちろんキャンプにも使えるでしょう。ヘビロテ必死。

 

f:id:kumad:20170724114748j:plain

 

 

復活したACGは洗練されていて非常に格好良いのですが、せっかくのこういった良い風合いの製品がまだ市場に眠っているのですから、ちょっと勇気を出してdigってみるのもいいものだなあと感じました。

 

真っ黒スタイリッシュなシェルジャケットも良いけど、アウトドアマンこそコットンアースカラーを楽しむべき時代がやってきているのかもしれません。