-->

クマザッカ

社内ベンチャーマン兼フリーwebライターのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

富士山登山のはずが台風直撃のため日光丸沼高原を巡る旅へ DAY.2

f:id:kumad:20160924205738j:plain

 

 06:30 宿にて朝食

朝食もしっかり「あさごはん」的なメニューを頂く。
こんな早い時間に朝食を用意してくれるのがありがたい限り。お味もとても美味しかった。


朝食を食べつつ、この後の作戦会議。
当初の予定では尾瀬をひとっ走りして帰路に着く予定だった。しかし。
昨日は天気も持ってくれたが、今日はいよいよ台風が直撃(それも正面から)するようで、宿のご主人も「無理はしないほうが良い」とのこと。


あえて白根山にアタックするとか冗談を飛ばしつつ、戦場ヶ原をふらっとして帰ることに決定.
(悪天候の白根山は命が危険と言われた)

 

 

 07:00 戦場ヶ原 赤沼着

f:id:kumad:20160924205822j:plain

赤沼に車を止め、台風が来ないうちにと足早にトレイルへ。

 

山の神々が激しい争いを繰り広げたためこんな形になってしまったという戦場ヶ原。


この戦場ヶ原のうち、174.68hものフィールドがラムサール条約によって保護されている。

戦場ヶ原 - Wikipedia


湿地であり、木々にとって過酷な環境であるため背の低い樹木が多く、なかなか幻想的な風景が広がる。

f:id:kumad:20160924205919j:plain

f:id:kumad:20160924205929j:plain

f:id:kumad:20160924205941j:plain

f:id:kumad:20160924210000j:plain

f:id:kumad:20160924210037j:plain


尾瀬の小規模な感じ、という宿の主人の表現も納得。

 

 

木道を通り、青木橋のあたりで豪雨に。(カメラ壊れるレベルだったため写真なし)
その後は小田代が原まではランニング。


木道はトレランシューズで走るとガツガツうるさく、あまりいい気分ではなかったが、凹凸がほぼないためノンストレス。笑

 

あっという間にバス停まで到着、「貴婦人」と呼ばれる孤高の白樺の木を見物してバスで丸沼へ。

 

 

車に飛び乗ってそのまま帰路へ。

 

 

まとめ

 

帰り道、ひどい雨に何度か事故りそうになるが無事に帰宅。

↓ワイパー一番早い速度にしてるのに前が見えん。

台風時に出かけることはやっぱりお勧めしない...怖かったん

f:id:kumad:20160924210508j:plain

 

今回の旅の幕は閉じた。
」次回は是非とも天気に恵まれた自然を楽しみたい...
とはいえ、日光の名山も見れたし、いい空気も吸えたのでいい気分で寝れそうでした。

 

広告を非表示にする