-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

社内ベンチャーマン兼フリーwebライターのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

富士山登山のはずが台風直撃のため日光丸沼高原を巡る旅へ DAY.1

f:id:kumad:20160924203404j:plain

 

 

半年前から富士山登山を計画していました。

嫁さんは1度登ったことがあるのですが、悪天候のため9合目で敗退。
ですのでリベンジも兼ねて登っておこう、といったのが始まりでした。

ところが…前々日に台風9合が発生。
直撃。

このヤローですよ。

 

泣く泣く山小屋と高速バスのキャンセル手続きをしたものの。
わざわざ休みまでとってアホみたいに平日頑張ってたのにタイフーンなんぞに「ええどうぞお通り下さい」なんて言えるほど僕の心は成熟していない。

 

立山行こうとか涸沢行こうとか喚いてみたものの、嫁様のsubmitはおりず。

わかった!尾瀬行こう!ロープウェイで白根山も見よう!ロープウェイ!(´◉◞౪◟◉)

 

ということで奥日光観光決定!
雨降りのため登山せず、愛犬を連れて行くことも決定。

かくして台風前夜の一泊旅が決定したのだった。

 

 

 

DAY.1 台風前夜の白根山〜丸沼湖畔

f:id:kumad:20160924203811j:plain

 

6時頃起床。
荷物と犬を車に積み込み、いざ出発。
途中、羽生は混雑が予想されたので、少し前の大谷PAで休憩。

旅が始まって最初の写真は親愛なるスタミナ健太だった。

 

 


9:00 男体山を見つつ休憩

 

f:id:kumad:20160924203904j:plain

 

いろは坂に差し掛かる頃。
たまたまいいところに男体山のロープウェイ駅があったので小休止。
嵐の前の蒼天と荒々しくも新緑に飾られた山容の男体山を拝む。

山を見ると登りたくなるが、今回はもっとユルイ旅。
横目で見つつ、出発。

 

あの悪名高きいろは坂に入ったわけだが、カーナビが既に警笛を鳴らしていた...

↓なんやねんこれ。

f:id:kumad:20160924211058j:plain

 

その後の記憶はない。 

 


10:00 丸沼高原に到着

 

チェックインにはかなり早いが、周辺の地図(とロープウェイの割引券)を貰いに本日の宿「ペンション コスモス」へ。

www.cosumo.jp

 

丸沼高原から車で1分。というかほぼ目の前。

最高の立地。

 

乳児を抱いた奥様が受付をしてくれた。
中は ざ、ペンションといった風合いだが、食堂やレストルームの雰囲気もよく、何より30代のオーナーさん家族の雰囲気がよかった。
ロープウェイの割引券や、地図、お勧めスポットの情報などを手に入れる。

 

外にはハンモックが。
ハンモックを見ると寝てしまう病気なので、一旦寝る。

f:id:kumad:20160924203959j:plain

 

 

少し休憩をして、丸沼高原へ。

 

 

11:00 丸沼高原ロープウェイへ

f:id:kumad:20160924204218j:plain

 

丸沼高原に着くと、スキーヤーでごった返していた。
どうもグラススキーというか、夏場のスキーやスノボトレーニングのメッカのよう。
熱心そうな両親に連れられて、スキーを担いで歩く少年たちが印象的だった。

 

眺めつつ、ロープウェイへ乗車。
犬もチケットを買えば乗せてくれる。

得体の知れないものに乗せられてビビる。かつ疲労でどうにかなりそうなヨークシャーテリアのかりん。ひどい顔をしている。

f:id:kumad:20160924204300j:plain

 

 

ロープウェイはかなり急な角度でずんぶんと登って行く。
背後には次第に周辺の名峰が見えてくる。
雲がかかった雄壮な浅間山、奥からひょっこりモヒカン頭を覗かせる谷川岳尾瀬の名峰燧ヶ岳至仏山

 

なかなかいい気分である。犬以外は。

 

 

11:30 ロープウェイ頂上へ到着。

 

 

気温は低いが、日差しが強く非常に暑い。
観光客も多く、1割弱程度がハイカーのようだ。
白根山山頂はガスっていて見えなかったが、高山植物を眺めつつ茶屋で昼飯。

 

あっついのにあっつい蕎麦しかないからそれを食らう。
普段ならまず間違いなくビールを流し込んでいたところだが、この後も運転なので泣きながら蕎麦を食べる。


見た目の割に麺がしっかりしていて美味。

f:id:kumad:20160924204721j:plain

 

食後は、「山頂の足湯」でひと休み。
クソ暑い中、もっと暑い足湯に浸かり、しかもビールがないだなんてイカれている。


もうすぐここ空きそうだなあ!と僕らを指差してデカイ声で言い放つバカ女子供連れに急かされ、出発しようとしたところ、運よく白根山の山頂が。

f:id:kumad:20160924204735j:plain

 

男体山と並び、なかなかの秀麗なみ姿。
いつか登りたい。

別れを告げつつ、ロープウェイを降る。

 

 

まだ宿に戻るには早いので、宿の奥さんに聞いた「丸沼の湖畔」で昼寝でもしようということに。

車で峠道を下る。
最初はビビっていたヘアピンカーブも明らかに上達している。


到着!つかれたぜ!といったはいいものの、そこには「菅沼」の文字。

 


来た道を戻る。
走り屋なみに運転が上達する。

 

 

14:00 丸沼に到着

f:id:kumad:20160924204812j:plain

湖畔から徒歩1分のトコロに風情のいい大きな宿があるようで、宿泊客で賑わっている。
宿の正面の木々の間からは、澄んだ青色の湖面が見えた。

 

 

f:id:kumad:20160924204833j:plain


ちょうど雲間で最高の景色だった。
小さいが透き通った湖の水はほとんど湧水のようで、緑がかってキラキラしていた。

ついつい足を突っ込む。
最高の気分。

f:id:kumad:20160924204856j:plain


岸辺にシェルターを立ててごろ寝したい気分。
いやあ。たまにはこういうなにも考えない時間も必要なのだなあと感じる。

 


16:30 ペンション コスモスに到着 宿泊

 

あまり話せなかったが、素朴なオーナーのご家族の雰囲気がよかった。
ご主人はプロのボーダーらしく、周りの山についても教えてくれたりした。
尾瀬狙いの宿泊客が多いらしい。
犬の宿泊にも非常におおらかで、迷惑がかからない程度に自由にして下さい、というスタンスだった。

愛犬も「そういうことならお構いなく!」とリラックスモード。


今日はビールを飲んで寝よう。
長い1日、いい休日だ。しみじみしてしまう。

 

 DAY2へ続く...

 

広告を非表示にする