-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

フリーwebライター兼新人webデザイナーのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

高くなくても良いものを。vol.1 The BAGGY オックスフォードBDシャツ

モノ コラム

The BAGGY オックスフォードボタンダウンシャツ

 

f:id:kumad:20160731123449j:plain

<出典:http://sapporo-base.blogspot.jp/>

 

 

良いもの。モノ。物。
人によって良いものの感じ方は違うけれど、イイものは大体とっても値段が高いです。

 

でも、安くて、或いはそんなに高くなくてイイものもたくさんあるはずです。
高いのがイイものだなんて価値観は安っぽくてつまらないと思います。

 

私は、高くなくて、なんかイイものを見つけた時の嬉しさは、高くてイイものを頑張って買った時の嬉しさとまた別の種類だと思っています。

 

ふと珍しい花をみつけたような、そんな気持ちです。(キャラではない)

 

 

そんな、安くて、或いはそんなに高くなくてイイものを紹介していこうという連載的なもの。

 

高くなくてイイものを。第1回目はアメリカンシャツメーカーの老舗、The BAGGYの代表作とも言えるオックスフォードのボタンダウンシャツを紹介します

 

 


The BAGGY(バギー) オックスフォード ボタンダウンシャツ

 

f:id:kumad:20160731122358j:plain

<出典:http://www.rakuten.co.jp/

 

The BAGGY(バギー)は1970年代より、アメトラの王者Brooks Brothers(ブルックスブラザーズ)のシャツメイカーをしていたハワード・グロスマンの工場で設立されたシャツ工房。

 

ペルー産の上質なピマコットンを用いた高品質なシャツを作り続けています。

 

現在はボストンのマサチューセッツに工場を持ち、古き良きアメリカのシャツを生産しています。

 


特徴

 

The BAGGYのオッスフォードシャツは、厚手で柔らかなオックスフォード(綿を平織りにした生地のこと)で仕立てられており、またそのシルエットはアメトラでも少なくなってきたリラックスフィット。

 

流行より少し大きめの襟は絶妙なボタン位置によって美しいロールを描きます。

脇下や袖底は丁寧に巻き伏せ縫いです。

 

厚手、ユルめ、でも上品な襟という特徴的なバランスによって完成されたデザイン。

 

f:id:kumad:20160731122527j:plain

<出典:http://www.rakuten.co.jp/

 

シャツをパンツから出せばゆるくナチュラルに、股上の浅いトラウザーにタックインすると上品でリラックス感のあるアメトラスタイルにと、包容力も上々です。

 

筆者がこのシャツを気に入っている理由として、この無骨な上品さがアメリカっぽくてとてもイイ、ということだと思っています。


BrooksBrothersのようにタックインアンタイドアップ前提の作りではなく、また名品インディビのようにスマートなシェイプではない、マックイーンのアメリカ映画に出てくるようなまさに「古き良きアメリカ」っぽいのです。

 

タックインした時のワンクッションや、少し余ったアームホールこそが、テーラリングの世界から一歩足を出してしまったあの時代のアメリカをイメージさせるのです。

ニクイ奴ですよ。

 

 

 


 

 

 

 

実はチェックシャツも名作

 

The BAGGYはオックスフォードだけでなく、アメトラスタイルに欠かせない、マドラスチェックのシャツも代表作の1つ。

 

f:id:kumad:20160731122542j:plain

<出典:http://midlandship.jp/baggy_madras/

マドラスチェックの語源である、インドはマドラス地方のコットンを使用しているチェックシャツは、チェック柄のサイズも生地感も最高です。

やはりカジュアルにもドレスにも使える名品です。

 

 

 


 

 

 

 


The BAGGY 値段について

 

値段は、通常ですと10,000円+くらいなのですが、6,000円程度で見つかることも結構ありまして、その時は買いです。

 

 

 

ジェントルなシャツがお好みなエグゼクティブには決して勧められたものではありませんが、味を楽しめるデイリーシャツとして一着あると助かります。

ファンが多いことも納得のクオリティです。

 

ジーンズにこのシャツをさらっと着て、コインローファーでも履いて、なんて、天気のいい日にいいですね。

 

これからも長く生産されることを祈るばかりです。

広告を非表示にする