-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

フリーwebライター兼新人webデザイナーのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

コーヒー初心者にHARIOのV60ドリップケトル「ヴォーノ」をおすすめしない理由を考える

コラム 食べる飲む

HARIO V60 ドリップケトル ヴォーノ

出典:V60円すい形ドッパー-HARIO株式会社

 

 

 

自宅でドリップしてコーヒーを飲みたいという人が身近に増えています。

 

最近で一番よく見かけるのは、なんといってもサードウェーブ系御用達のHARIO V60シリーズのドリッパーやドリップケトル(ポット)だと思います。

 

えぐみや雑味が出にくくするため、透過スピードの早いHARIO V60ドリッパーは非常に有用です。

 

お店の場合は、V60シリーズで器具をそろえているところも多く見かけます。

仕入れの簡単さや統一感も起因としてあるでしょう。

 

 

湯が誰でも一定に細く注げるという画期的な構造を持つV60ドリップケトル。

コーヒーをドリップする際、湯を細く注ぐということは非常に重要ですので、これも便利であることに間違いはありません。

 

 

しかし、個人的にV60のドリップケトル「ヴォーノ」は、自宅でドリップを行いたい初心者の方にはおすすめしないようにしています。

 

 

その理由は、

1.湯の太さが一定であること

2.湯の勢いが比較的強いこと

3.その他

の3つ。(その他も1こにしちゃった。)

 

以下に詳しく書いていきます。

 

 

湯の太さが一定であること

 

前述のとおり、V60のドリップケトル「ヴォーノ」(以下、ヴォーノ)は、本来慣れが必要なドリップケトルの概念を覆し、「誰でも細くお湯が注げる」ように作られています。

 

店舗でコーヒーを販売する際、品質を一定にする必要がある(≒誰が入れてもそれなりに同じレベルでおいしくなる)ことは非常に大事なので、ヴォーノはこれほど扱いやすいドリップケトルはないかのように思われます。

 

しかし。

 

一定の幅で湯を注げる」というのは、「一定でしか注げない」ことを意味します。

 

ドリップコーヒーの味の調節は、大まかに

 

「湯温」

「メッシュ」(コーヒー豆の挽きの粗さ)

「抽出スピード」(豆の成分がお湯に溶け出している時間)

 

でなされます。※もちろん鮮度等のほかの要因もあります

 

 

お湯を一定でしか注げないということは、抽出スピードが一定であるということですので、抽出スピードでの味の調節幅はかなり狭くなることがわかります。

 

たとえば、シティロースト以上の焙煎度合いの豆を使用する場合。

 

苦みの中の「甘さ」を引き出したいときに、湯温が高いとえぐみまで強く出てしまうので、温度を低くしたい。

⇒温度を低くすると、全体的に成分の抽出がされにくいため苦みと甘みも出にくくなる。

⇒ヴォーノによって抽出スピードが速いと、酸味を強く感じる傾向がある(コーヒーの成分は酸味⇒苦みの順で透過するとされている)ため、甘さを表現できない。

⇒酸味ばかりが強調された酸っぱいコーヒーになってしまう!!!

 

と、こんなことが起こりうるわけです。

 

もちろん、

「おれあサードウェーブ的なコーヒーしか飲まん硬派な漢なんだ。えっへん。」

という人には無縁の話に思われますが、ガス成分の少ない浅煎りの豆を焙煎後2週間とかを飲む場合も、上記のような酸っぱいコーヒーが出来上がります。

そんなときにも低い温度でゆっくり抽出はとってもつかえるテクニックですよ。

盲目的にならないようにしたいですね。

 

 

湯の勢いが強いこと

 

また、湯の勢いが強いことも気になります。

 

湯の勢いが強いと、粉が湯の中で舞い上がることになりますので、その分成分は抽出されやすくなります。

(動く⇒豆に当たる湯(濃度の低い湯)が多くなる⇒豆の成分は溶けやすくなる!)

 

成分が抽出されやすいということは、それだけ苦みも酸味も雑味も出やすくなるということですから、前述のような酸味を抑えたい場合にはアダとなります。

 

酸味を全部出してなんぼやろ!って人は最近多いですが、私はそうは思いません。

酸味だけ全部出そうとしたコーヒーってやっぱり酸っぱく感じるし、エグイし収れん性すらあるし...

海外のロースターから豆を取り寄せて売ってるサードウェーブ系コーヒーにも多いな。

とにかく私は好みではありません。一口目はおいしいんだけどな。

 

 

その他

HARIO V60 ドリップケトル ヴォーノ2

出典:HARIO公式 V60ドリップケトル・ヴォーノ VKB-120HSV パーツ・部品も多数取扱い

 

 

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

HARIO (ハリオ) V60 ドリップケトル ヴォーノ コーヒードリップ 800ml VKB-120HSV

 

 

 

そうねえ。

 

 

 

デザイン、微妙じゃね?

 

 

いやデザイン大事ですよ!

 

 

もちろんこれも好みですけども、なんか新型の大型オ○ホみたいな波模様がよくわからなくてですね。

あとステンレスっぽい質感も好きになれない...

 

 

じゃあ貴様は何を使ってんだ?と言いたくなりますよね。ね。

私はゲット(野田琺瑯/月印)のホーローポット(もちろん赤)を普段使っています。

持ち手が熱くなるのは難点ですが、かわいいしお湯も調節できるしでお気に入りです。

ホーローって、なんか雰囲気いいじゃないですか。笑

 

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

月兎印 スリムポット 0.7L ホワイト

 

 

 

まとめ

 

コーヒーなんて長く付き合う趣味ですし、少し慣れればお湯を細く注ぐなんてすぐにできますので、初心者の人にはぜひ調整幅の効くものを購入してほしいです。

それによる気づきもきっとあるはず。

 

前述のとおり、ヴォーノはお店で品質を一定にするために使用する際には非常に便利ですし、V60ドリッパーは私もメインで使用しています。

 

 

製品自体を否定する記事ではありませんので、あしからず。

 

 

ぜひともこれからいいコーヒーライフを!

広告を非表示にする