-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

フリーwebライター兼新人webデザイナーのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

googleキーワードプランナーの使い方と選定方法(アカウント登録めんどい)【僕でもわかる】

f:id:kumad:20170116115702p:plain

 

現在、このブログはかなり広いジャンルで記事を書いています。

基本的にはキーワードの選定は気分のみだったのですが、真面目に記事を書くときはgoogleキーワードプランナーというソフトを使用しています。

 

 

最近はコーヒーの情報やアウトドア系の情報が多いのですが、google search consoleとかで見てみると、おすすめ靴の記事と紺ブレの紹介記事でほぼほぼ成り立っている。大丈夫か。

f:id:kumad:20170116111520p:plain

 

 

上位の記事から、こんな感じ。相変わらずの弱小加減。

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~

まるで靴ばっかり。

これは、私が記事を書く際に「キーワード」を意識していないということに他ならない。だってこのブログのメインテーマは靴じゃないもん。

 

SEO対策はそれなりにしているので、例えば「靴 おすすめ」とかのビッグワードに、自分の書きたいものが合致していればそれなりのアクセスを頂いています。

 

じゃあ、キーワードを意識する

つまり、検索が多い文言についてのニッチな記事を書く、あるいは競合に勝てるような内容の濃い記事を書けば、特化型のブログでなくともアクセスが見込める。

ということ。

 

記事作成の基本ではありますが、このサイトはホントに独り言とか、欲しいものとか、共有したいものだけを書いておくような広場を想定していたので、あまり真面目でなかったです。

 

これから、「ゆるい記事(やる気のない記事)」と、「読者にとって有益な記事(やる気がある記事)」の二極化を進めて行こうとしています。

 

 

googleキーワードプランナーを活用してみる

f:id:kumad:20170116125428j:plain

SEOの書籍等でも非常に良く取り上げられる、googleキーワードプランナーで記事テーマを決定していきます。

無料で、googleでの検索ワードの関連性やホットさ加減を教えてくれるツールなので、「コーヒー」とか入力してみると「コーヒー ○○」などと、検索数の多い(みんな気になって仕方ない)ワードを推察してくれます。

 

 

ただ、去年あたりからアカウントの登録が非常にもうめんどい。

 

 

初心者の方は「支払い」とか言われただけで失神する人もよくいると思います。私も2度失神しました。

 

 

実は、googleキーワードプランナーは「google adwords」という広告サービスのうちの一機能で、google adwordsのアカウントを作成することで使用できるようになります。

 

このアカウント登録時に、いったん、「一日いくらで広告出すんじゃワレ?」と聞かれて、無理やり自分のブログの広告を作成させられます。

 

 

これをアカウント作成後にすぐに広告ストップをすることで無料になるのですが、そんなんはじめての人にはわからんがな。

 

アカウント作成についてはこちらのサイトに非常に詳しく登録方法が記載されていますので、長いですが参考にしてみてください。超親切です。

junichi-manga.com

 

 

 

googleキーワードプランナーの使い方と今後についてじっくり考える

f:id:kumad:20170116114014p:plain

運用ツール⇒キーワードプランナーを選択でやっとこさ、KPさんを呼び出します。

お金を払うつもりがありませんので、画面には赤帯が表示され続けます。

 

 

遷移後の画面で「フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して~」をクリック。

f:id:kumad:20170116114746p:plain

「宣伝する商品やサービス」欄に、メインにしたいキーワードを入力。

キーワードプランナーも、もともとは広告の設置用に作られているので、広告契約をサジェストするような余分な機能が沢山ついています。

 

 

今回は関連ワードが教えて欲しいだけなので、無視します。

f:id:kumad:20170116115133p:plain

 

 

すると、関連ワードやボリューム、競合性などを教えて頂けます。

f:id:kumad:20170116115702p:plain

 

 

このワードの中から、できるだけユニークな記事をかけるキーワードを探すのです。

例えば、「コーヒー 豆」で検索した場合、検索ボリュームが大きいので、競合に勝って検索結果のトップに表示されると、かなりのアクセス効果が見込めます。

 

しかし、「コーヒー 豆」というテーマで「コーヒー豆の選び方」とかいった記事を作成したところで、テーマが大きすぎて良質な記事は作成できないでしょう。

また、このような「ざっくりワード」は、明確に知りたいことが決まっていないユーザーが多く、アクセスがあったところで収益にはつながり難いとされています。

しかも頑張って書いたところで、競合がとても強いはずなので時間がもったいない。

 

じゃあ、「コーヒー 通販」で、「コーヒーがweb通販で買えるショップまとめ」等のテーマで良質な記事を作成すれば(一日で仕上げようと思ってはいけません)、なんかアクセスくるんでねが?しかも通販で買いたい連中ばっかりなんでねが?

 

と、こんな感じでテーマを決めていきます。

 

また、競合が少ないキーワードは、検索ボリュームが小さくても購買意欲の高いニッチなセグメントであることが多く、アフィリエイトを打つには効果が出やすい(購買に結びつきやすい)傾向があります。

 

 

まとめ

キーワードの選定を気にしていなかった私が、きちんと意識して書いていこうとした日記でした。

収益を本気で出そうとするアフィリエイトサイトを運営する際は必ず必要な知識ですので、困ったときはキーワードプランナーに頼ってみると非常に便利です。ぜひご活用を。

 

広告を非表示にする