-->

クマザッカ

コーヒーとランニングとお酒でできている人の雑記ブログ。webライティングとか、好みのデザイン雑貨、スケボーなんかについても言及しています。名前の由来は「熊雑感」。

私がコールドブリューコーヒーをおすすめする本当の理由【CAMPにも】

f:id:kumad:20180422184644j:plain

 

GW前に気温30℃を超えてしまった今年2018年。

外あそびが趣味の人には、ビール以外の冷たい飲み物は必需品ですよね。

 

さて、私の家では散歩日和の晴れた土日に今年も始めました。

そう、ズボラ派コーヒーラバーも必見のコールドブリューですよ。

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーとは〜解説と方法〜

f:id:kumad:20180422184713j:plain

 

水出しコーヒー、今時の言葉で言うコールドブリュー。

コーヒーを抽出する際、通常は高温のお湯を使ってコーヒーの成分を溶け出させますが、コールドブリューはその名の通り冷たい(または常温の)水を使ってコーヒーを淹れます。

 

水は、高温高圧になればなるほど物質を溶かす量が多くなります。そのためドリッパーのコーヒー豆にお湯をかけるだけでしっかりとしたコーヒーを抽出することができますが、冷たい水ではそうは行きません。コールドブリューではしっかりとコーヒー豆と水を触れさせ、時間をかけて抽出する必要が出てきます。

 

そんな面倒なものどうやって忙しい生活の中実現するのかと言うと、非常に簡単。

ガラスポットやカラフェに水道水とコーヒーの粉を淹れて冷蔵庫にぶち込む。これだけで次の日の朝には美味しいコールドブリューのアイスコーヒーが飲めます。ダイソーで売っているお茶パックにコーヒーの粉を入れれば粉っぽくもなりません。

 

以下の記事にて触れているようにドリップは温度や湯量でかなり味にブレが生ますが、コールドブリューは結構ラフに作っても美味しいアイスコーヒーになります。

 

kumakumahate.hatenablog.com

 

 

 

簡単であること以外にもおすすめする理由がたくさんあります。次項ではその理由をゴリゴリ解説します。

 

 

コールドブリュー(水出し)コーヒーをおすすめする本当の理由

 

コールドブリューコーヒーをおすすめする理由を3つにまとめましたので、解説していきます。

 

コールドブリューをおすすめする理由 〜とにかく簡単でおいしい〜

自宅でするコールドブリューは、お金もそれほどかからず簡単で美味しいことが一番のメリットでしょう。

 

特にこれからコーヒーを始めたい人にとってはこの時期、非常におすすめ。ドリッパーやドリップポットを揃える必要がなく、コーヒー豆とミル、容器さえあれば誰でも簡単に美味しいコーヒーが入るのです。

 

コツは特にありませんが、コーヒー豆は良い物を使用すると良いでしょう。より美味しく飲みたい人は、自宅の製氷機ではなくスーパーなどで売っている氷を使うとコールドブリュー特有の濃厚なボディーを最大限楽しむことができます。

 

コールドブリューをおすすめする理由 〜水筒に淹れても劣化しない〜

コールドブリューに限らず、冷たいコーヒー全般に言えるのですが、保温ボトルに淹れても劣化しにくいという大きなメリットがあります。

 

暖かいコーヒーは、保温ボトルで空気と触れることによって酸化が進み、美味しいコーヒーを持続することは難しい。しかし冷たいコーヒーの場合、(低温のため)酸化反応が進みにくく、元のフレーバーを持ったまま楽しむことができるのです。

 

私はコーヒーを楽しみたい気分のとき、スケボーやキャンプの際にもお湯を沸かしてドリップしたりすることが多々あるのですが、夏はコールドブリューの一択。(火気厳禁の場所でも美味しいコーヒーが飲める!)

周りの仲間とも一緒に楽しめる外コーヒーは最高に気分が良いので、試してみましょう。

 

コールドブリューをおすすめする理由 〜世界のコーヒーファンにも流行中〜

この記事を書く前日、世界でも有名なコーヒーメディアである「FRESH CUP MAGAZINE」でコールドブリューについての記事が公開されました。ここでも言及されている通り、コールドブリューはスペシャルティーコーヒー界隈でも世界的に流行が続いているのです。

 

欧米ではそれほど人気でなかったアイスコーヒー自体が注目され、ニトロコーヒー(コーヒーに窒素ガスを注入する。ギネスみたいな口当たりが楽しい!)や缶コーヒー(実は今まで日本にしかなかった!)などのプロダクトがどんどん世に生み出されているのです。

 

もう、アイスコーヒーはガムシロップとミルクをぶち込む飲み物ではない…!

そんな時代が訪れつつあるのです。

ポートランドでも北欧でも、近年コールドブリューは大人気。そんなおしゃれな飲み物なのです。

 

 

 

コールドブリューコーヒーまとめ

f:id:kumad:20180422184801j:plain

日本では昔から「水出しコーヒー」の名で親しまれていたコールドブリュー。実は今こそ最注目すべき存在だったのです。

 

まあ流行りでなくとも、本当に簡単でうまいので、水筒派の方やアウトドア好きな方は是非とも試してみてください。

私は、釣りやバーベキュー、スケートの際に仲間に(ムリヤリ)振舞うコールドブリューの豆選びを今年も楽しく始めました。

一緒に外あそびをしてくれる人はいつでもご連絡くださいな。

 

4月から新生活を始めた方にもおすすめしたい、コールドブリューコーヒーのご紹介でした。