-->
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマザッカ

フリーwebライター兼新人webデザイナーのゆる系ブログ。服、飯、酒、コーヒー、アウトドアとかの外あそびについて書く。ことがある。

FAIRWEATHER×Panaracerの32cアメハイ?シクロタイヤを履きました

f:id:kumad:20170224104625j:plain

 

先日からこのサイト上でも何度か記事になっている私のグラベルコミューターバイク、「KONA ROVE」ですが、タイヤは鉄下駄シュワルベのクソ重いマラソン系タイヤを履いていました。

 

 

基本的にたまにアウトドアフィールドに出すのと、通勤で乗っている本当に普段使いの自転車ですので、ダサくて重くて硬いシュワルベはちょいとなあ。

 

転がりはしますが、いかんせん重い(600g弱)ので、ロングライドの疲労が厳しかったり。

 

というわけでタイヤを替えることに。

 

軽量化の32cか、快適な40cかで悩む。

 

もともとが35cという中途半端サイズだったので、この際32cのシクロタイヤにするか、クリアランスギリギリの40cにするかで迷いました。

 

28c以下でスピード勝負は、このチャリンコを買った意味も無くなりますので、眼中にありませんでした。

 

 

40cはこれ。WTBの人気作NANOです。

空気圧を弱めにして、ファットバイクのような乗り心地が快速で味わえると考えると夢のようなタイヤです。

アドベンチャーバイク一直線。センタートレッドが一直線なので意外と良く転がるとの声も。

Nano 40cwww.wtb.com

 

しかし、これを入れるとそんなに軽量化できんなあ。

デザインもせっかくクラシカルなシルバーパーツを集めだしているので、このマッシブな感じはどうかなあ。

悩みました。

 

 

悩んだ末、32cのシクロタイヤでおしゃれなものを見つけたので、それに決定!

見た目は大事。

 

それがこちら。

store.bluelug.com

 

 

バイクパッキングムーブメントで脚光を浴びているFARWEATHERさんのPanaracer別注スキンサイドタイヤです!

 

カラーは普段使い感を強調するために黄×灰をチョイス。

アメクロならぬ、アメハイです。

 

 

アドベンチャー系バイクにクラシカルタイヤを履かすセンスとは...?

f:id:kumad:20170224101616j:plain

 

早速装着です。

 

マッチョなアドベンチャー系バイクにこの手のクラシックアイテムをチョイスする人も少ないとは思いますが、現代ホットロッドみたいな感じでアメリカンなスポーツ感がでるかなあと。

 

 

チューブはパナレーサー揃えでR−AIRです。

f:id:kumad:20170224101802j:plain

 

超軽量高耐久で知られる名作チューブのR'air

薄いブチル製ですので、タイヤ交換とリム打ちさえ気をつければなかなかパンクしないと評判。

 

 

 

 

 

さっさと交換して、完了です。

自転車は初心者ですが何故かこの手の作業は得意で、難なくクリア。

 

f:id:kumad:20170224102227j:plain

 

相変わらず背景が汚いですが、なかなかいいです。

 

フレームに灰色と黄色のラインが入っていたので、謎の純正感があります。

 

グレーのタイヤということで、耐久性は多少劣るかもしれませんが気にしない!

 

 

乗ってみると、シュワルベが超頑丈系タイヤだったので、再度スキンタイヤのしなやかさが慣れない...

クリンチャーのシクロタイヤは空気圧をあげないと不安という意味がわかった気がします。

 

しかし、初速やペダルの軽さは段違い。超快適。

ブロックタイヤですので転がりはそれほど良くありません。タイヤノイズは少々。

近くの林道を走ると、細かいギャップが全く気になりません。

そんなわけで、通勤やさんぽ自転車としては文句無し!

 

 

というわけで、またしても正体不明コミューターバイクに拍車がかかった愛機の話でした。

f:id:kumad:20170224102435j:plain

広告を非表示にする